ホーム>再エネ賦課金の算定方法

再エネ賦課金の算定方法

再エネ賦課金とは

従量制供給の場合

再エネ賦課金・太陽光・蓄電池

定額制供給(定額電灯、公衆街路灯A、農事用電灯)の場合

再エネ賦課金・太陽光・蓄電池・リフォーム

再エネ賦課金・太陽光発電・蓄電池・リフォーム・リズ

再エネ賦課金の特徴

  • 電気を使うすべての方にご負担いただくものです。
  • 電気料金の一部となっています。
  • ご負担額は電気の使用量に比例します。
  • 再エネ賦課金の単価は、全国一律の単価になるよう調整を行います。
  • 皆様から集めた再エネ賦課金は、電気事業者が買取制度で電気を買い取るための費用に回され、最終的には再生可能エネルギーで電気をつくっている方に届きます。

再エネ賦課金の単価は、買取価格等をもとに年間でどのくらい再生可能エネルギーが導入されるかを推測し、毎年度経済産業大臣が決めます。なお、推測値と実績値の差分については、翌々年度の再エネ賦課金単価で調整します。

「太陽光発電の余剰電力買取制度」から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」への移行期(平成24年7月から平成26年9月まで)は、精算方法の違いにより一時的に2つの賦課金が生じますが、それ以降は「再エネ賦課金」に統一されます。
なお、電気の使用量のお知らせ(検針票)では、「再エネ賦課金等」という項目で、太陽光促進付加金と再エネ賦課金がまとめて表記される場合があります。

太陽光発電促進付加金の特徴

  • 電気を使うすべての方にご負担いただくものです。
  • 電気料金の一部となっています。
  • ご負担額は電気の使用量によって変わります。
  • 太陽光発電促進付加金の単価は、毎年度変わり、電力会社ごとに異なります。
  • ご負担額は買取りにかかった費用のみに充てられます。

太陽光発電の余剰電力買取制度は、太陽光で発電された電気のうち使い切れず余った電気を国の定める価格で10年間買い取る制度で、買い取った電気は皆さんで使います。
太陽光発電促進付加金とは、この制度による太陽光の余剰電力の買取りに必要となった費用を、電気の使用量に応じて電気の使用者すべての方にご負担いただくものです。

平成26年度の太陽光発電促進付加金の単価は平成26年2月27日に正式に認可されました。

太陽光発電促進付加金は、電気料金の一部として位置づけられておりますので詳しくは供給約款等をご確認ください。(各電力会社のホームページに記載がございます。)

太陽光発電促進付加金の単価は、お住まいの管内の電力会社が買い取る費用の総額によって異なるため、電力会社ごと、年度ごとに変わります。下表をご参照ください。
皆様にお願いする太陽光発電促進付加金のご負担額は、「下表の単価×電気使用量」になり、電気料金の内訳に記載されます。
例:東京電力管内において、1か月の電気使用量300kWhの場合、
月々のご負担額は15円(=0.05円×300kWh)となります。

ページ上部へ